窯元のご紹介

窯元のご紹介
14_sakaguchi01-150x150

坂口進|

嘉豊

当窯は創業以来、京焼、清水焼の伝統を受け継ぎ仁清、乾山風の作品を中心に手作りの温かさ、作陶技術の粋を極めた作品を制作しています。

〒605-0846 京都市東山区五条橋東5丁目486
TEL:075-541-5544 FAX:075-541-5541
E-mail:info@kahou-toen.co.jp URL:http://www.kahou-toen.co.jp
13_takagi01-150x150 13_takagi02

髙木隆司|

岩華

1957年生まれ 74年陶工訓練校成形科 75年陶工訓練校研究科 76年試験場陶磁器研修コース修了しました。
96年伝統工芸士認定 04年五代岩華継承
伝統技術と新しいデザインを手仕事主体に、染付、鉄、色絵で作陶しております。

〒605-0914 京都市東山区渋谷通大和大路東入ル新シ町346
TEL:075-561-4491 FAX:075-561-9440
E-mail:ganka@nike.eonet.ne.jp
28_takada01-150x150

高田宗幸|

雅楽

1952年 京都に生まれる
1985年 第7回京焼・清水焼展に於いて京都市長賞を受賞
1986年 第8回京焼・清水焼展に於いて宇治市長賞を受賞
1987年 第16回日本工芸会近畿支部展に入選
1994年 現代の京焼・清水焼パリ展に選出される
2002年 伝統工芸士(経済産業大臣指定)に認定される

〒601-1395 京都府宇治市炭山西の谷17番地
TEL:0774-32-2010 FAX:0774-32-2010
E-mail:garaku@mbox.kyoto-inet.or.jp URL:http://www.eonet.ne.jp/~garakugama/
60_wada01-150x150

和田初|

花光山

昭和23年京都五条坂に生まれる。父清に作陶を教わり、その後、塗師淡斎(武蔵野窯)先生、柳沢先生(新宿月桂寺)に師事しました。昭和58年11世花光山窯を襲名しました。作風は朝鮮風の作品や乾山写が多く、寺院や神社より抹茶茶碗の依頼が多く、その製作に専念しています。

〒605-0843 京都市東山区六原門脇町188
TEL:075-531-4006 FAX:075-531-4006
八木徹画像(大) 八木徹画像(小)

八木海峰|

海峰

陶磁器に施される絵のデザインや他の技法とのコラボレーションなど、清水焼に新しいセンスを取り入れたいという試みを積極的に行う。

〒610-0301 京都府綴喜郡井手町多賀帽子田45
TEL:0774-82-3699 FAX:0774-82-3699

>> 「クローズアップ陶人」掲載記事はこちら

辻野一子|

京豊

おそらく、日本で唯一の箸置専門の製陶所です。 箸置に専門、特化することで、季節毎の食材や植物を始め干支等、数多くの種類の箸置きを取りそろえています。

〒605-0976 京都市東山区泉涌寺東林町39
TEL:075-561-6689 FAX:075-561-6689

木村信夫|

木村由製陶所

創業85年、歯科技工用ルツボ、耐火・耐熱セラミック部品他を製造しています。お客様の要望に応じて、少ロット生産、必要なときに必要な数量、早期の納品に心がけています。

〒605-0874 京都市東山区常盤町471
TEL:075-551-3838 FAX:075-561-7633
E-mail:envie@amber.plala.or.jp URL:http://www.envieinc.com/

山本重行|

魚雲

私の器には、生きものたちや草花、海、雲等、自然をモチーフにしたデザインが多く、初めて、生きものを見たときの感動や情景を自分のフィルターを通してシンプルに表現したいと思っています。

〒601-1395 京都府宇治市炭山久田11-10
TEL:0774-32-2061 FAX:0774-32-4421
E-mail:gyoun@themis.ocn.ne.jp URL:http://www5.ocn.ne.jp/~gyoun/
55_kiyomizu01-150x150 55_kiyomizu02

清水六兵衞|

清水六兵衞

五条地区で1771年に初代清水六兵衞が作陶を初めて以来、当代で八代目となります。㈱キヨロク(六兵衞窯)代表取締役、京都造形芸術大学教授、国際陶芸アカデミー会員、京都工芸美術作家協会会員

〒605-0846 京都市東山区五条橋東5-467
TEL:075-561-3131 FAX:075-525-0209
URL:http://rokubeygama.com
59_mashimizu01-150x150

眞清水伸|

亀禄窯 福山

四代眞清水蔵六の次男
平成21年に大徳寺管長、高田明浦老大師猊下に亀禄窯と窯名を賜る。
大徳寺瑞峯院の和尚様に福山と雅語を賜る。同年独立、東京日本橋三越、岡山天満屋本店等、全国にて個展を多数しております。

〒615-8256 京都市西京区山田平尾町36-32
TEL:075-391-1122 FAX:075-391-1122
E-mail:hukuzan@energy.ocn.ne.jp