イベント を読み込み中

イベントのナビゲーション

武田直之 陶展 ~永久(とわ)に咲く色~

takeda

武田直之さんは、主に手捻りで成形されたフォルムに複数の色化粧を重ねることにより、豊かな色調の作品をつくられます。

 武田さんは、日頃から草花を愛でられて、その感動とご自身の心象風景を重ね合わせて作品のイメージを考えられます。そして、それを具現化するために、手捻りでフォルムをつくられ、そこに数種類の色化粧を幾重にも重ねることで、爽やかでありながら奥深い色調を創り出されます。儚く色あせてしまう草花の色彩や、その感動を朽ちることのない「陶」へと昇華されます。

 本展では、大作のほか器なども展覧いたします。武田さんの、永久に咲く色の世界をお楽しみ下さいませ。

 

武田直之 陶歴

1979年 大阪府に生まれる

2001年 高野山大学 文学部 卒業

2004年 宮下善爾氏に師事

2008年 大阪芸術大学 芸術学部 卒業

2010年 独立 「陶房 陶匠志」設立

2012年 光風会展「光風奨励賞」受賞(‘13「京都新聞社賞」‘14年「京都新聞賞」)

2013年 全関西美術展「全関西美術展賞第三席」受賞

(‘14年・‘18年「同賞受賞」)

大阪工芸展「大阪府知事賞」受賞

(‘14年「大阪工芸大賞」

‘15年「奨励賞」

‘17年・‘18年審査員)

2014年 改組新 日展 入選(同15年、18年)

2017年 泉佐野市展 審査員(同‘18年)

2018年『京都工芸美術 展』招待出品(於:中国・上海 

劉海粟美術館)

 現在 創工会会員・京都工芸美術作家協会会員・大阪工芸協会・大阪工芸協会 理事

 

写真作品名: 『いざない』

イベントカレンダーに戻る