イベント を読み込み中
館内展覧会

イベントのナビゲーション

柴田良三 陶展 ~青に刻む~

柴田良三展3

柴田良三さんの作品は、凛とした雰囲気の染付が魅力的です。

 モダンな幾何学文様が描かれていますが、その凛とした印象は、彼独自の線の描き方「象嵌染付」によって生まれます。普通の染付は筆を用いて呉須(コバルト)を施しますが、彼の場合は象嵌技法を応用して、生地に線を彫り込み、そこへ呉須を流し込みます。そうすることによって、筆で描かれた線とは異なりシャープな線が生まれます。さらに、筆によるやさしい線と色面を加え、ややマットの釉薬を施すことにより、非常に奥行きのある表情豊かな作品に仕上がります。

 本展では、小作品を中心に花器などの大作も展覧いたします。柴田さん独自の「象嵌染付」の世界をお楽しみくださいませ。

 

柴田良三(しばた・りょうぞう)陶歴

1952年 京都生まれ

1978年 京都市立芸術大学陶磁器専攻科終了

2005年 文化庁派遣留学 アメリカミシガン大学

2013年 オーストラリアにて個展(キャンベラ)

京都工芸の精華展(ベトナム・ハノイ)

2016年 日本伝統工芸展出品作宮内庁買上

2017年 第7回国際芸術招待展(中国上海)

2018年 京都工芸美術展(中国上海劉海粟美術館)

2019年 京都工芸の精華展 (ボストンSACギャラリー)

    ハーバード大学にてワークショップ

 

「線象嵌染付壺」

イベントカレンダーに戻る