イベント を読み込み中

イベントのナビゲーション

守崎正洋 陶展 MORISAKI Masahiro CERAMIC EXHIBITION

守崎正洋2020JPEG

生まれ育った京都の嵯峨野に工房を構え、作陶する守崎正洋氏。

ご自身も生活の中で料理をすることで、ひとびとが共有する時間に映える事を自然と意識し、うつわや酒器を製作している。
自然と装飾のないフォルムにつながり、そこには使われることで生きる心地よい余白が見える。

うつわ本来の使命を兼ね備えた、あくまでも料理やお酒を引き立たせる控えめな加色でありながら、天目も含む豊富な色の展開。

春を迎えるこの時期にふさわしい桜華釉も含め、色とりどりの食器たちが空間を彩る。

<守崎正洋 陶歴>
1971年10月19日 京都市生まれ
1999年 京都伝統工芸専門校(現在 大学校)陶芸本科修了
1999年 以後二年間、大覚寺陶房にて和泉良法氏に師事
2002年 (株)たち吉主催『京都陶芸の新しい芽』入選
2003年 京都市工業試験場陶磁器コース専修科修了
2003年 京都、嵯峨野にて開窯 独立
2004年 伝統産業「京の若手職人」海外(イタリア)派遣事業に選出
2006年 2006『めし碗グランプリ展』入選
2008年 第26回『朝日現代クラフト展』入選
2012年 第10回『ローディ陶器コンクール』(イタリア)入賞  

 

イベントカレンダーに戻る